【フルヤマ洋服店】#今だからこそすすめたい本

#今だからこそすすめたい本  フルヤマ洋服店 斉藤さん

南新町商店街、北側から100mほどの所にある「フルヤマ洋服店」

 

フルヤマ洋服店で働く斉藤さんにオススメ本を聞いたところ、
「子供の読書感想文がきっかけで読んだんだけど、すごくよかった」
と紹介していただきました。

 

ぼくたちのカメムシずかん
「カメムシのことをもっと知ってみませんか」
岩手県葛巻町のある小学校で、校長先生が生徒に呼びかけたカメムシの研究。
「臭い虫」として厄介者扱いしていたカメムシ。
調べてみると、きれいな色のものや変わった形のものなど、実はいろいろな種類がいることがわかります。
どうして臭いを放つのか、その生態について調べていくうちに子供達のカメムシに対する捉え方が変わっていき、学校全体でカメムシを探し、調べ、カメムシ図鑑を作っていく、というお話です。

斉藤さんは
「今まで不要・迷惑と思われていた虫が視点の切り替えによって意味が変わっていくところが面白い。そして、子供たちが興味が湧いた瞬間に、それがたとえ授業中であっても「調べておいで」と先生が言える環境も素晴らしい。
ダメと言わず、興味を伸ばしてあげる接し方から「子供の興味の向こう側にあるものを知ろうとする」という、親として子への向き合い方に気付かされる本」
と話してくれました。

嫌いなものを遠ざけるではなく、知ろうとする。

その結果、「くさい虫」が「いろんな種類のある虫」と認識が変わっていくお話を通して、自分の価値観だけで判断するのではなく、子供の興味を見守りながら接する・子供の興味に寄り添い、親子で共有していく大事さもこの本から知ることができます。

また、
「『カメムシについて知ってみよう』という校長先生の声かけについても、扱いに困るものを駆除したり迷惑がったりするのではなく「研究の対象としてよく調べてみる」という発想の転換もまた、親子としてどう子供に声かけするかという点で考えるきっかけになった」
とも話してくれました。

 

 

 

斉藤さんのオススメ本、もう一冊は

◎買う気にさせる魔法の言葉
斉藤さんは以前、婦人服の販売員をされていたそうです。
ご実家であるフルヤマ洋服店をお手伝いするようになってから今までの販売方法の違いを感じることが多くなり、この本を手に取ったそう。

「一口に服の販売といっても流行の移り変わりが激しい婦人服と定番物が多い紳士服では買い物の仕方が異なり、どう提案するとお客様に響くかが全く違う」
と斉藤さん。

「それまではお客様との距離感や声を掛けるタイミングで戸惑うこともあったけど、本を読んでみて、まずは話をじっくり聞いていく・お客様の雰囲気をしっかり感じるようになって、安心感を与える接客を心掛けられるようになった」
との言葉通り、斉藤さんはとても話しやすかったです。

本のオススメするポイントはとても分かりやすく説明してくださり、こちらの話をするときもやさしい雰囲気で聞いていてくださるので、取材のときも安心感がありました。

紳士服はオーダーするものも多く、決して安い買い物ではないからこそ、こちらの話を聞いてくれるような斉藤さんの話し方は安心して買い物できそうだなと感じました。

 

 

現在フルヤマ洋服店では冬用のマスクを販売中!

今年の夏、オリンピック仕様マスクを販売したミズノから今度はブレスサーモマスクが出ています。
「ブレスサーモ」はミズノ独自の素材で、吸収した水分を素早く蒸発させ、高い保温性で冬も温かく過ごすことが出来ます。蒸れが少なく温かいマスクなら空気の冷たい冬のジョギングでも快適に運動できますね!

黒・紺・白の3色展開で、¥1,320(税込)です。

 

その他にもアンダーウエアや冬用小物が揃います。
日に日に寒くなっていくこの季節、フルヤマ洋服店で冬支度をしてはいかがでしょうか?

 

 

●今回ご紹介いただいた本

◎わたしたちのカメムシずかん
著:鈴木海花(文)・はた こうしろう(絵)
出版:福音館書店
ISBN:978-4834085525

◎買う気にさせる魔法の言葉
著:北山節子
出版:成美堂出版
ISBN:978-4415073996


【永森時計店】#今だからこそすすめたい本

#今だからこそすすめたい本  永森時計店 永森さん

南新町商店街菊池寛通りの交差点にある「永森時計店」
店主の永森さんにオススメの本を教えてもらいました。

◎血液型の説明書(Jamais Jamais)
◎いつもいっしょに(いもとようこ)
◎泣いたあかおに
◎聖おにいさん(中村)

 

写真の本以外にもお話している間に「この本もいいよ」と教えてくださった本もいくつかありましたのでいっしょに紹介していきます。

 

◎血液型 自分の説明書
2007年〜2008年に出版され、ベストセラーになった本です。
血液型別に性格や特徴が書かれ、「そうそう、型の人ってこんな人!」と身近な人に当てはめたりするなど、当時話題になりました。

永森さん「血液型がこんなに分かれてるのも日本人くらいのものだから、血液型占いやこういう説明書みたいなものが流行るのも日本っぽいよね」

調べてみたところ、
「日本人におけるABO式血液型の割合は、おおよそA型40%、O型30%、B型20%、AB型10%といわれています。」
(一社 日本血液製剤協会HPより)

一説によるとアメリカ人はA型とO型が大半を占め、コロンビア・ベネズエラにおいてはO型が100%になるとか。

「血液型で性格が違う」
長い年月を経てもさまざまな議論が沸き起こる話題ですが、自分のことをよく知るきっかけとして、血液型から入ってみるのも面白いかもしれませんね。

 

◎泣いたあかおに
人間と友達になりたい赤鬼のために村で暴れた青鬼。2人の算段により、赤鬼に人間の友達ができるようにはなりましたが、村で暴れてしまった青鬼は赤鬼のために旅に出てしまい、赤鬼はいなくなった青鬼を思って涙を流す・・・というお話です。

教科書にもよく載っている本なので読んだことがある人も多いかもしれません。

「子供の時に読んで印象的だった。子供の時に読んだものは大人になっても記憶に残る物が多いから友人の出産祝いによくプレゼントしている」
という永森さん。

 

◎いつもいっしょに
1人で暮らしているくまさんの元に現れたうさぎさん。
寒さに凍えるうさぎさんのために、くまさんはスープを出して一緒に飲み、人のためにご飯を作ることの喜びを知ります。
しかし、微笑むだけで何も言わないうさぎさんにくまさんは徐々にいらだち、どう思ってるの?と叫んでしまいます。
その様子を悲しげに見ていたうさぎさんは、次の日家から姿を消し、もう戻ってくることはありませんでした。

永森さん
「読んだ後にちょっと悲しい気持ちになる。自分は何を大切にしたかったのかを考える本。
くまさんにとって相手と一緒にいることが大事だったのか、うさぎさんとコミュニケーションを取れないことが悪かったのか、相手に満足できない自分の問題なのか

 


「泣いたあかおに」や「いつもいっしょに」などの絵本に通じるものとして、
「絵本は哲学的なテーマのものが多いね。キャラクターが人種のメタファー(例え)になっていて人種問題や人間関係の教訓にしていることもある。絵本であっても大人になってから分かる本や読み取り方が変わる本もあるよね」
と話してくれました。

 

 

◎聖おにいさん
ブッダとイエス・キリストが地上の生活を満喫するため、東京・立川にお忍びでアパートを借りて生活する様子が描かれた漫画。
お忍びのはずなのに、2人の側近である天使や弟子たちが入れ替わり立ち替わりアパートにやってきたり、うっかり奇跡を起こしたり後光を放ったり、神であるが故に起こる独特の出来事が魅力です。

永森さん
「これを読んでいるだけで仏教やキリスト教のことが知れて勉強になる。本のテーマも日本じゃなかったら炎上してるかもしれないね」
異なる宗教の行事も自国文化として取り入れてしまう日本だからこそ「違う宗教の教祖が共同生活を送る」なんてトンデモ設定が受け入れられるのかもしれませんね。

 

 

『血液型の説明書』や『いつもいっしょに』は時計の修理などで待つお客様の待合スペースにいつも置いてるそうですよ。

時計の電池切れの時には永森時計店で直してもらうついでに今回紹介された本をチェックしてみてはいかがですか?

 

●今回ご紹介いただいた本
◎血液型 自分の説明書シリーズ
著:Jamais Jamais
出版:文芸社

◎泣いたあかおに
著:浜田廣介(文)・池田龍雄(絵)
出版:偕成社
ISBN:978-4033020204

◎いつもいっしょに
著:こんのひとみ(文)・いもとようこ(絵)
出版:金の星社
ISBN:978-4323013749

◎聖☆おにいさん
著:中村光
出版:講談社


【メガネのタナカヤ】#今だからこそすすめたい本

#今だからこそすすめたい本  メガネのタナカヤ 川畑さん

11号交差点から南新町商店街を南下し100m程の所にある「メガネのタナカヤ」
川畑さんにオススメの本などについて聞いてみました。

 

川畑さんオススメ本は

◎チーズはどこへ消えた? スペンサー・ジョンソン

日本語版出版から20年以上経つ現在でも経済人・著名人からの支持を集め続け度々話題になる本です。最近ではメジャーリーガーの大谷翔平さんが勧めたことで再ブレイクしたようですね。
童話仕立てのビジネス書となっており、シンプルな物語に多くの示唆が含まれています。

迷路の中で暮らす2匹のネズミと二人の小人がある日見つけた大量のチーズ。そのチーズが消えた時、四者四様の行動に出るという話です。

「生き残るために色々考えないといけないことに気づかされる本。登場人物の名前にも性格などの意味が込められているところが面白い」
「仕事上で必要に迫られた時にビジネスの本などを読むことが多い」
と話す川畑さん。

「変化に柔軟に対応する」というテーマで書かれたこの本は、今も昔も変わらず経営者や時代を先行く人々にとって欠かせないテーマなのでしょう。

ビジネス本以外ではミステリ小説が好きで作者買いすることが多く、
・湊かなえ
・東野圭吾
・海堂尊
などを読むことが多いそう。

「最近は仕事が忙しくてあまり本を読む時間が取れない」
と話す川畑さんですが、本屋に行くのは好きだそうで、
「店内をぐるぐる回りながら、『こんな本あるんだ』とか『今はこういうのが流行ってるのか』と見て回るのが楽しい」
と話してくれました。

確かに本屋さんの店内を歩きながら、いろいろな本の表紙を見て回るだけでワクワクしてきますよね!

「最近読んで面白かった」と教えてもらったのは

◎大泉エッセイ 僕がつづった16年
俳優の大泉洋さんが雑誌で連載した文章を集めたエッセイ集。
川畑さんは大泉洋さんのファンだそうで、TVに彼が出ているのを見るとついつい見てしまうそうです。
好きな俳優やアーティストの本を読むとその人の人間性が分かって、よりその人が好きになりますよね。

 

そんな川畑さんのお店には子ども用メガネがたくさん!

子どもさんだからこそ自分の気に入ったものを選んで大事につかってもらいたい。そんな思いも叶えます。
丁寧な接客でお子様に合った眼鏡を提案してくれますよ。

 

今回ご紹介いただいた本

◎チーズはどこへ消えた?
著:スペンサー・ジョンソン
出版:扶桑社
ISBN:978-4594030193

◎大泉エッセイ 僕がつづった16年
著:大泉 洋
出版:角川文庫
ISBN:978-4041026106

深まる秋に合わせて新しい眼鏡を探しにメガネのタナカヤへ行ってみてはいかがでしょうか?


  • Happy Sweet Spring
  • X̋ꏊ
  • Xʼn߂AXŕ炷
  • ǂ̍̏XX
  • 高松常磐町商店街
  • 高松田町商店街
  • 高松南新町商店街