【店主の居場所】三びきの子ぶた・野沢さんの居場所

商店街にあるお店の店主さんが、おすすめのお店をご紹介♪
今回はトキワ街「三びきの子ぶた」の野沢さんに、お気に入りのお店を教えていただきました。


遊食 ゆめや

居酒屋が集まる飲み屋街。
その中に、幅広いジャンルの料理が楽しめるお店があります。

料理のジャンルは和・洋・中と幅広く、お酒の種類も豊富。
日本酒は四国の地酒を取り揃えています。
焼酎は日本全国色々な地域の銘柄が楽しめるのだそう。

店内にはカウンター席と座敷席があります。
一人でフラっと立ち寄るもよし、みんなでワイワイ飲みに行くのもよし。
様々な楽しみ方ができるお店です。

おすすめのメニューはこちら。

アボガドとマグロのユッケ ¥900(左手前)
よだれ鷄 ¥700(真ん中奥)
エビコロ 1人前¥200­ ※写真は2人前(右)
※金額はすべて税込。
ユッケはフレンチのような盛り付け。エビコロは一から手仕込みしています。
よだれ鶏は、低温調理した胸肉に、黒ごまたっぷりでピリ辛なソースをかけたメニューです。

常連さんが多いアットホームなこちらのお店。
野沢さんは「とりあえずビール」。それからおつまみを注文するのだそう。
あたたかい雰囲気の「ゆめや」さんで一杯いかが?

遊食 ゆめや
住所:香川県高松市瓦町2丁目1-7 クイーンズスクウェア第3ビル1F
電話番号:087-837-0089
営業時間:17:00〜24:00(L.O.23:00)
定休日:日曜日・最終月曜日
Instagram:yuushokuyumeya
Facebook:https://www.facebook.com/yuushokuyumeya/


SHIGI china kitchen (シギ チャイナキッチン)

南新町商店街の丸一さんがある交差点を東に曲がって少し歩くと、創作中華のお店があります。

5年半ほど前に、古馬場町から移転してきたこちらのお店。
店内にはカウンター席とテーブル席があり、大きな黒板にメニューがずらっと書かれています。
ちなみにロゴを描いたのは店主さんの奥様。

こだわりは、香川県産の食材を使っていること。旬の食材を使っているので、季節によって様々な料理を楽しむことができます。

おすすめメニューはこちら。

特製黒酢酢豚 ¥1,650(税込)
香川県産の豚バラ肉を1時間半ほど煮込んで揚げ、黒酢ソースをかけた一品。
黒酢の香りが食欲をそそる、シンプルな酢豚です。
こちらのメニューに合うお酒は紹興酒。あとは、ビールやハイボールでさっぱりいただくのも◎!

ちなみに、野沢さんもちょっと飲みにくるのだとか。
お酒と創作中華を楽しみたい大人が集まるお店です。

SHIGI china kitchen (シギ チャイナキッチン)
住所:香川県高松市瓦町2-1-24
電話番号:087-802-5788
営業時間:18:00~24:00頃 ※早めに閉める場合あり
定休日: 月曜日(不定休あり)
Facebook:https://www.facebook.com/shigichinakitchen/


番外編 店主が気になる場所

ここからは店主さんが「行きたいけど行けていない」「なんだかとても気になる」お店をご紹介♪
今回は「今の場所に移転して来てから行けていない」という野沢さんの代わりに、こちらのお店に潜入してきました!

ニューイハラ食堂

フェリー通り沿いにある、大きな看板が目印のこちらのお店。
見覚えがある方も多いのではないでしょうか?

コンセプトは「人と人が繋がっていくお店」。
SNSが普及している時代だからこそ、直接人と繋がることができる場をこのお店で作りたい、という店主さんの強い思いがあります。
お客さんのお子さんが大きくなって、一緒に来てくれることも。
親子2世代に渡って愛されていますね♪

おすすめのメニューはこちら。

土鍋炊き込みご飯 鮭とイクラ 一合 ¥900/二合 ¥1,600­(税込)
主役のお米は「米屋 ながはら」の五代目が、その時の出汁に一番合うものをチョイス。土鍋も五代目おすすめのものです。
作り置きはせず、オーダーが入ってから調理。水の量も、お米の水分量に合わせて調節しています。
お米を丁寧に調理することを「日本人として大事にしたい」という店主さん。
そんなこだわりたっぷりの土鍋炊き込みご飯に合うのは、だしまき玉子、とりから、トマトのおひたし。
和牛ローストビーフもおすすめメニューの一つです。

店主さんが目指すのは「香川に未だない、おしゃれな酒場」。
黒板の上にあるアートも、自ら選んできたものだそうです。
「自分の好きなものをセレクトして、紹介するお店にしたい」と語る、店主さんの想いが伝わってくるようなお店でした。

ニューイハラ食堂
住所:香川県高松市常盤町2-14-1
電話番号:087-802-2938
営業時間:17:30〜22:30(L.O.) ※当面の間
定休日: 日曜、第3月曜、不定休
Instagram:new_ihara_shokudou


「三びきの子ぶた」はこんなお店

果物店として昭和57年にスタートした三びきの子ぶた。
「果物の傷物を捨てるのは勿体ない」ということから、ジュースの販売をスタートしました。
ジュースだけでは…ということで始めたのがサンドイッチ。今では沢山の種類があります。
「同じものが食べたい」と再び来店してくれたり、友達を連れてきて「この店はどれを頼んでも大丈夫!」という声が実際に聞こえてきた時は嬉しかったそう。
この地で長く愛される「三ぶた」に、足を運んでみてくださいね。

季節ごとに、旬の果物を使った限定メニューが登場しています!

三びきの子ぶた
住所:香川県高松市常磐町1-4-9
電話番号:087-861-5353
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日
Instagram:sanbiki_no_kobuta


【関連記事】
  • Happy Sweet Spring
  • X̋ꏊ
  • Xʼn߂AXŕ炷
  • ǂ̍̏XX
  • 高松常磐町商店街
  • 高松田町商店街
  • 高松南新町商店街